メニュー

お電話でのご相談 0120-965-898

お電話でのご相談 0120-965-898

ブログ

今更ながら…大切なこと

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年06月25日(金)

 ちょこちょこ 雷が鳴るので

 梅雨が 明けるのかと思いましたが

 まだ 6月なんですよね

 

 毎年 7月中旬過ぎの梅雨明けだから

 まだ 先の話

 

  今月は 半月寝込んでいたから

 カレンダーを見ることもなく

 なんにも出来ず なんにもせず

 空白の月 

 おまけに 未だに完全復活は遠そうで

 なんとか 出勤してはいますが

 思うような日常を取り戻せていません

 

 当たり前に思っていた健康

 気にも止めなかった 

 常の生活ができる ありがたさ

 今更ながら 身に染みた月でした

 

 

 

 

見かけなくなった ぽっちゃりワンちゃん

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年06月20日(日)

 へこたれて…か

 いつも夕方に店頭で座り込んでいた

 散歩中のぽっちゃり気味のワンちゃんを

 見かけなくなりました

 

 お散歩コースが変わったのでしょうか

 

 それとも 休むことなく

 お散歩ができるようになったのでしょうか

 

 それとも 私が気が付かないくらい

 すっかりスレンダーな

 ワンちゃんになったのでしょうか

 

 たしか 白地に茶色のぶちが

 尻尾の生え際と片耳辺りにあったような

 コーギー…だったかなぁ~

 

 また 会いたいなあ♡

 

 

 

 

 

 

梅雨が明けたら

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年06月19日(土)

 じみちに降っています

 音もしないくらい静かな小雨ですが

 ずっと 降っています

 

 ああ 梅雨なんだ

 そんなことをぼんやり思いながら

 何にも考えずにいるには

 とても心地よい昼下がりです

 

 雨が止んだら

 梅雨が 明けたら

 なにか新しいことが起こるかなあ

 なにも希望はないけれど

 少し気分を改めて

 どこか遠くへ行きたいなあ…

 

 

 

 

 

解体…そして新しい住宅へ

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年06月18日(金)

 帰路途中 一戸建ての解体工事をみました

 まだ 古いとも言えないお家

 

 (まだまだ住めそうなのに…)

 そう 思うと自分の家でなくても

 切ないもので

 

 バリバリッ ガラガラッ

 

 悲鳴にも聞こえるその音に

 とっさに 顔を覆いながら

 時代や時が 移ろうのを感じました

 

 数か月もしたら 新しいお家が建ち

 新しい住人が笑顔するんだろう

 

 建物は 人を呼び 

 街は活気を取り戻し 成長する

 

 それが住宅の 役割…

 仕事を終え 解体されてまた

 生まれ変わって 役目を担う

 万物の全てと 同じように…

 

 

 

 

陽射しを浴びる

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年06月14日(月)

 昨夜雨が降って 今朝は晴れました

 …つまり 蒸し暑いこと この上なく

 私の苦手な 季節になりました

 

 そんな中

 先日 遠くから訪ねてくれたお友達は

 格好よく 前傾姿勢の自転車にまたがり

 日焼けで すでに真っ黒でした

 (もともと サーファーです)

 まさに

 「私の季節がやってきた!」って

 軽快で元気ハツラツ!

 

 そもそも日焼けが嫌で 夏が嫌い

 陽射しから逃げ隠れしてきた私は

 彼女がまぶしくて 日焼けを怖がらずに

 夏を満喫できる様子が

 うらやましくもありました

 

 そして同時に お医者様から

 『骨粗鬆症』のイエローカードを

 言い渡されたことを思い出しました

 

 「お日様にあたってください」と

 

 ggg・お・ひ・さま・・・かぁ

 皮膚にはあまりよくないと聞くけど

 骨には 必要なんだなぁ

 

 

 

 

 

ハワイのお姫様が愛したお花「ピカケ」

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年06月12日(土)

 「ピカケの花が咲きました~!」

 と 写真をいただきました

 弦はな

 ハワイ ワイキキにあった王室の王女が

 こよなく愛し お城の庭いっぱいに

 植えられていたお花なのだそうで

 それはそれは

 上品な甘い香りを放つ 弦状の常緑低木

 

 全ての 香りは 温まることによって

 強く漂うそうで 

 ちなみに バラは夜は香らないそうです

 ピカケ

     直径2㎝弱くらいのお花 

 が、このピカケやプルメリアなど南国の

 花は夕暮れや闇につつまれてからも

 芳香するそうで どんな香りかというと

  『ジャスミンティー』

 

 …なんと!

 このピカケはジャスミンの仲間で

 ジャスミンティーは

 ピカケの花びらで香りをつけているそう!

 

 普段私たちがよく目にする

 ハゴロモジャスミンがこのお茶だと

 思っていましたが 実は実は の

 ジャスミンティーひと口うんちく!

  

 ハゴロモジャスミンよりも

 もっともっと濃厚で上品な香り

 この次からは「ピカケティー」って

 意識で 芳香を楽しんでみようっと!

 

 

 

腐った草から 蛍が…

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年06月10日(木)

 気温30度 もう夏の暑さですね 

 確か 梅雨…のはずなのに 空梅雨?  

 でも 気象庁予報では 

 6月中旬から7月上旬に例年通りの降水量で

 例年より気温は高い…って

 

 そっかぁ 湿気で不快指数あがりそう

 と思ってたら 明日6月11日は七十二候の

   『腐草為蛍』 なのだそうで

    …くされたるくさホタルとなる

 

 古く日本人は

 暑さに蒸れて腐った草や竹の根が

 蛍になると信じられていたそうです

 

 蒸れて腐った草から蛍かぁ

 

 なんだか 古人の「余裕」を感じませんか

 腐った草から 幻想的な光を放つ虫が

 生まれるなんてことを想像しながら 

 蒸し暑く鬱陶しい梅雨を楽しんでいたなんて

 

 

 

 

半月 ブログをお休みしました

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年06月08日(火)

 長く ブログをお休みしてしまいました

 

 体調不良で半月 仕事を 休みました

 昨今 半月も休むと

 『コロナ』?  と言われそうですが

 頸椎の故障で とんでもない痛みでした

 

 今だ 完治とは言えませんが 

 痛みや痺れがいつ止むとも想定できず

 家で静養していると余計に不安で

 痛みが増すばかりで出勤を決めました

 

 不備のない健康を前提に

 何気なく過ごしていた毎日が

 どんなに貴重で どんなに有難いものか

 そして それを取り戻すのに

 どんなに時間がかかるものか痛感しました

 

 支え 励ましてくださった方々に

 感謝 感謝しかありません 

 

 会社のブログにとても私的なことを

 書きましたが 

 想定外の出来事って スグそばにあって

 それは 今時の『コロナ』のように

 細心の注意が常に必要で

 

 皆さん くれぐれも

 小さな痛み あなどらないでくださいね

 

 

 

 

雨で満水 亀さんプール

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年05月22日(土)

 昨夜22時過ぎ頃から

 無茶苦茶に降り出した雨

 

 バルコニーに置いている

 亀さん飼育のプールは

 あっという間に 満水に

 

 溢れて 亀さんが脱出したらいけないと

 蓋をしておこうとのぞいたら

 亀さんは 物凄い勢いで

 泳いでいました

 

 いつも 足が底について甲羅が水面から

 少し出ているくらいの水量で

 ゆったり ジッとしているのに

 

 この機に思いっきり泳いでいたのか

 それとも

 もしかしたら 溺れそうだったの?か?

                 

 でも すごく嬉しそうにみえたので

 暫く 観ていることにしました

       夜の10時に…大雨の中…

 

 (こんなに速く手足を動かせるんだ…)

       …と 感心しながら

 

 小亀の頃から20年ほど飼っていますが

 成亀になってから

 こんなふうに バタついているのを

 初めてみました(笑)

 

 

 

 

小満「生命の満ちゆく季節」

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年05月21日(金)

 二十四節気の一つ『立夏』が過ぎ

 今日 5月21日は『小満』(しょうまん)

 

 立夏は聞きなれた言葉ですが

 「小満」は …… 私も知りませんでした

 

 そもそも 二十四節気やら七十二候やら

 何のことかと 勉強してみると…

 

 『二十四節気』

 太陽や月が教えてくれる季節の移り変わり

 『七十二候』

 季節がもたらす恵みの兆し

 

 …なのだそうで 1年春夏秋冬を更に6つに

 分けたものを「二十四節気」といい

 でもこれは中国でつくられた暦なので

 …それを更に初候・次候・末候と日本の

 季節に合うよう3つに分け七十二候として

 独自の暦で農事に生かしていたそうです

 

 そこで この『小満』は

 初候「蚕起食桑」かいこおきてくわをはむ

  …蚕が桑の葉を食べて成長する時期

 次候「紅花栄」べにばなさかう

  …生薬や染料のもととなる貴重な花が

   咲き乱れる

 末候「麦秋至」むぎのときいたる

  …秋に植えた麦の収穫の日を迎える

     という具合(七十二候)

 

 あらゆる生命が満ちていく時期にあたる

 「二十四節気の一つ」なのだそうです

 

 

 

 

Copyright © 日本住宅サービス株式会社 All Rights Reserved.